まやたろの体当たり日記

東京銀座のOL→山梨で農業と狩猟をはじめる→2016北米&南米自転車縦断→2017夏全国キャラバン!

Travel

インドへ#10 料理教室とブロックプリント @Cochi, Kerala

アレッピーからコーチンまではローカルバスで約2時間。通勤時間と重なっていたため、車内はけっこう混んでいた。 バスの前方に女性、後方に男性が乗るというのがここでは暗黙の了解のようになっているけれどわたしは後ろに乗ってしまった。なにも言われなか…

インドへ #9 運河と海と結婚式 @Alappuzha, Kerala

ムンナルからローカルのバスを乗り継いで運河の町アレッピーヘ向かう。 同じくこの宿に泊まっていたノルウェー人の折りたたみチャリダーのオーブから 「アレッピーに直接行くよりも、その手前のコタヤムという町で降りてフェリーボートで行った方が運河を楽…

インドへ #8 紅茶畑でつかまえて @Munnar, Kerala

「マヤ、今南インドにいるのか?俺もちょうど南インドなんだよ!よかったら会わないか?」 わたしのFBを見たゲリーから連絡があった。 ゲリーとは3年前にパタゴニアのアウストラル街道を一緒に走った。 両膝を手術して人工関節なのに未だに毎年自転車で海外…

インドへ #7 Auroville滞在記 後編 Sadhana Forest

Sadhana Forest 同じ宿に泊まっていたフィデルと仲良くなり、彼のバイクに乗っていろいろと周った。 朝ヨガに参加したり、ドーサの美味しいお店で朝食を食べたり。 マサラチーズドーサがめちゃくちゃうまい。 そして中でも印象的だったのが最後に訪れたソリ…

インドへ #6 Auroville(オーロヴィル)滞在記 前編

南インドにオーロヴィルという世界最大のエコビレッジがあるらしい、と聞いたのはいつのことだっただろう。ここもまた、行ったことのある友人からは賛否両論いろいろと聞いていたけれど、自分で直接確かめてみなければわからない。 カウチサーフィンを通じて…

インドへ#5 再びチェンナイへ

アルナーチャラを巡礼したし、グルにもあったし、ひと通り満足したわたしは翌朝アリスと一緒にチェンナイに戻ることにした。帰りの車の中でわたしたちは実ににいろんな話をした。アリスは以前、長いこと重病を患い、ベッドから起き上がれないほどのこともあ…

インドへ #4 聖なる山の周りを歩くとエゴは消えるのか

アリスの禅問答のおかげですっかり心の準備が整った(ような気がした)わたしは、早速アスファルトの上を裸足で歩きはじめた。聖なる山アルナーチャラの周り14kmを、山が常に右にあるように、時計回りに歩くのがルール。裸足でも靴を履いてもいいらしいけど…

インドへ#3 アルナーチャラに導かれて

アルナーチャラ 南インドに行ったことのある何人かの知人からその聖なる山の名を聞いた。そこで一生を終えた聖人がいたこと、その山の周りを歩くとエゴが消えると言われていること、など断片的な情報だけ覚えていた。はじめは正直あまり興味がなかったのだけ…

インドへ#2  朝カレーとバイクタクシーとインド映画 @Chennai, Tamil Nadu

排気ガスと土ぼこり、鳴り止まないクラクション、美しいサリーを纏った女性たち、我が物顔で道に居座る牛、牛、牛…はじめてのインドは想像通りの「インドらしさ」に満ちていた。 チェンナイ空港に降り立ったのは夜の23:30。同じ北半球とは思えないくらい生ぬ…

インドへ〜荷物と牛丼と真っ赤なバーガー〜

成田空港からバンコクへ。ここからチェンナイ行きへのフライトを待つ間、このブログを書いている。はじめてのインド。一体どんな出会いが待っているのだろう。 インドに行く、と言うと二言目には、自転車で?と聞かれる。そんなことを言われたらあまのじゃく…

Index page for my bike trip 2016年の南北アメリカ自転車旅を振り返るための目次みたいなページ

2016.5.18から2017.5.4まで、北米と南米8ヶ国の自転車旅に出ていたのですが、 記事が増えてきてはじめてブログを読む方はどこから読んだらいいかわからないと思うのでINDEXページを作ってみました。 I made a index page for my bike trip through North an…

束の間の夏休み〜廃バスと元海の家を改装した最高すぎる空間・The Old Bus @沼津

やっときたきた夏休み!試験が終わり、本も校了となり、腰もあらかた良くなり、束の間の夏休みが来た! そんなわけで自転車仲間のかすみちゃんと伊豆の海へ!三島のマルシェで出店してたあやちゃんのビーガンココナッツカレーとビーガンアイスをいただき 向…

9月9日に本が、本が出ます!その名も「なないろペダル」! 出版記念イベントします!

わたしの北米・南米自転車旅行記の発売日がついに、ついに決まりました! タイトルは「なないろペダル ー世界の果てまで自転車でー」です。 出版日は9月9日(月)「きゅうきゅうの日」。救急車で運ばれたからです。覚えやすいですね。 出版を記念して、イ…

母とお遍路

4月末、ゴールデンウィーク直前に母と歩き遍路に行くことになった。と言っても今回は様子見も兼ねて、3日間で行けるところまで行こうという「区切り打ち」。 歩き遍路は母の長年の夢だった。 母は祖父(わたしの曽祖父)が大好きで、その彼が晩年区切り打ち…

日本人移住地 ピラポ編

パラグアイに来るまではイグアス移住区しか知らなかったのだが、実は日本人移住地はあちこちにあるらしい。その中でも一番日系人の人口が多いのがピラポ移住地である。 到着早々、協力隊のCさんの紹介で、竹林を持っているというNさんのお宅を訪問した。屋根…

日本人移住地めぐり イグアス編

公園には鳥居があり、スーパーに行けば納豆や味噌があり、ラーメン屋やスナックがあり、日本語が飛び交う。写真だけ見ればまさかここがパラグアイだとは思わないだろう。 ブラジルとの国境から40kmにあるイグアス移住区。50年ほど前にジャングルを切り拓いて…

ニャンドゥティの町、イタグア

「ニャンドゥティ」というパラグアイのレース編みをご存知だろうか。 先住民の言葉であるグアラニー語で「蜘蛛の巣」の意味を持つニャンドゥティ。近年は日本でも紹介され俄かに人気となっている。 matome.naver.jp もともとスペインから伝えられた時は白一…

アレグアの愉快な仲間たち

アスンシオンから車で1時間ちょっと離れたアレグアという街。ここはいちごの産地として有名で、シーズンになると道路いっぱいに並んだ露店を目当てに大渋滞が起きるという。 そんなアレグアの郊外に住んでいるIさんのお宅を尋ねた。Iさんは98歳になるお母さ…

Matakana Market

Jul 28th Matakana Weekend Marketに出店が決まり、それに向けて準備を進める日々。 Getting ready for the #Matakanaweekendmarket !! エクスチェンジ(働く代わりに宿代を割り引いてもらう仕組み)で滞在させてもらっているミオさんのお家には竹がたくさん…

Ecohouse in Kaiwaka

「自分でecohouseという家を建てて自給自足的な暮らしをしている80歳の日本人のおじいちゃんがいるんだけど行ってみる?」 誘ってくれた鍼灸師のタカさんファミリーと一緒に、Kaiwakaのヨシさんの元を訪ねた。 元々工学博士であるヨシさんは、20年以上前…

Auckland to Matakana

July 22 オークランドから70kmほど北上したMatakanaという小さな村。平日は静かなこの村も、毎週土曜日の朝は全国各地からやってくる人で賑わう。Matakana Village Farmers Marketはオーガニックで新鮮な野菜やチーズ、ワイン、はちみつ、焼きたてのパン…

Bamboo Hunting

「ニュージーランドの竹を使って竹細工をする」というのが今回のミッションのひとつ。 だが滞在させてもらっているナイリーの家は閑静な住宅街。 なかなか竹は見当たらない。 そんな中、ナイリーが調べてくれた情報によると、 ここから西に車で40分ほどい…

Day 2-3 Arrived in Auckland

Jul 13 Fri 心配していた入国審査も、検閲も、自転車の積み込みや受け取りも一通り終え、 (特に竹が没収されないか心配だった) ホッとして出たところにナイリーが待っていてくれた。 会うのははじめてだったけど、まささんから紹介してもらい、 事前にFBで…

Day0-1 Leaving Japan

July 11 Wed 出発の朝。とろけるように暑い日だ。 Time to leave. It's melting hot today. 福岡の師匠の家に向かうという相方に便乗して、自転車と荷物と鶏を積み込んで出発。 11時に出発の予定が2時間も遅くなってしまい、このままだと日没までにつかな…

新たな旅 @長野#2

「天竜舟下り」の船頭である曽根原さんは、天竜川沿いの放置竹林を整備して侵食されてしまった紅葉の景観を取り戻す「天竜川鵞流峡復活プロジェクト」を立ち上げた。 切りだした竹を使って竹イカダを作って川下りをしたり、 竹も燃やせるボイラーで足湯をし…

新たな旅 @長野#1

束の間のトーキョーライフを終えて、再び旅に出た。 今回は自転車でもヒッチハイクでもなく車だし、ひとりでもないし、終着地も決まっている。なぜなら、旅をきっかけに知り合った人と一緒に大分で暮らすことになったからだ。彼は竹細工を生業にしているので…

ぶらりヒッチハイクの旅 #3

大分から横浜まで3日かけてヒッチハイクで帰ってきた。1日目は5台の車を乗り継いで広島まで。金曜ということでこれから仕事に向かう人、仕事を終えて実家に帰る人などさまざまだった。4台目に山口で拾ってくれた方は、 「俺ヒッチハイクしてる人見ると乗せ…

ぶらりヒッチハイクの旅 #2

前回の旅の最終地点だった大分に戻ってきた。 大分では廃材で鶏小屋作ったり、 鶏小屋できた mayataroさん(@mayataro)がシェアした投稿 - 1月 14, 2018 at 5:13午後 PST 竹細工教えてもらったり できた mayataroさん(@mayataro)がシェアした投稿 - 1月 11, 2…

ぶらりヒッチハイクの旅

大阪で友人が出演する「騒音コンサート」という解体工事と音楽のコラボイベントが面白そうだったので行ってみた。 解体工事を騒音ではなく音楽の一部として楽しむというコンセプトの元、クラシック音楽をバックに公開解体工事。 想像していたよりもたくさん…

ママチャリグランプリなめてた

「ママチャリレースがあるから出てみない?レースって言ってもメインはバーベキューでほとんど食べてるだけだから。」 そう言われて何の気なしに了承した。 毎年正月明けに富士スピードウェイで行われるスーパーママチャリGP。一周4.5kmあるコースを7時間チ…